6年間使い続けるために【女の子のランドセル選びは慎重に】

お気に入りのものを見つけよう

小学校入学と言えばランドセルの購入が不可欠でしょう。6年間使い続けることを考えると、耐久性だけでなく、子供が気に入るものを選ぶのが大切です。

ランドセル選びで重視するポイントTOP5

ランドセル
no.1

素材

ランドセルの素材は「人工皮革」「天然皮革」「牛革」の3種類があります。素材によって価格、触り心地、耐久性などが異なるので、それぞれの特徴を把握し選びましょう。

no.2

デザインと色

素材に次いで大切なのがデザインと色です。女の子に人気の色と言えばピンクが代表的ですが、もちろん全員が好きとは限りません。好きな色で、飽きがこないものを選ぶべきです。

no.3

価格

6年間使うものですから、細かいところまで確認し、価格の差がどこにあるかを知ることが大切です。価格の差が強度の差に繋がっていることもあるので、安易に安いものを選ばないようにしましょう。

no.4

重さ

ランドセルは教科書などの荷物を入れて持つものですから、元から重いランドセルだと通学に苦労するかもしれません。最近は軽いものも増えているので、実際に背負ってみて、身体へのフィット感なども合わせてチェックしましょう。

no.5

サイズ

最近のランドセルは、基本的にA4サイズのクリアファイルが入る大きさで作られています。また、A4フラットファイルが入る大きさも主流になってきているのです。荷物の入れやすさを考えてみると大きさも重視したいですね。

6年間使い続けるために【女の子のランドセル選びは慎重に】

女の子

ランドセルの相場

ランドセルの購入金額は4万円台のものが人気となっています。3~5万円台で購入する人が一般的で、その割合は7割近くにもなります。型落ちのモデルの場合は、2万円以下で購入することも可能なので、じっくり考えてみるといいですね。

キッズ

落ち着いた雰囲気にするなら天然皮革

天然皮革で作られたランドセルは、シボ加工というしわのように膨らんだ加工が施されていて、光沢が少ないのが特徴です。シボ加工によって耐久性を上げ、マットな仕上がりで落ち着いた雰囲気になっています。

女の子

人工皮革は汚れに強い

タフガードとも呼ばれる人工皮革で作られたランドセルの場合、汚れや雨に強いだけでなく、生地が柔らかくて軽いという特徴を持っています。発色もいいため鮮やかな色合いを好むならピッタリでしょう。牛革や天然皮革よりも値段が手ごろです。

ランドセル

保障内容も確認しておく

ランドセルは6年間保障となっているものがほとんどですが、会社によって保障の内容や条件は異なります。壊れたときのことを考えて、しっかりと確認しておきましょう。修理も、無料と有料の場合があるので、把握しておきたいですね。

長く使えるものを選ぶ

子供や孫に購入する場合、大人目線で選びがちですが、使う本人が気に入らないようでは大事に使ってもらえないでしょう。双方の意見を取り入れながら、丈夫で使いやすいものを選ぶようにするといいですね。

広告募集中