雛人形を飾るのは意味がある

雛人形は元々は結婚して出ていく娘の厄除けと幸を願い、身代わりとして持たせたものです。今では誕生祝として贈るケースも増えています。

ひな祭りの歴史はとても古い~雛人形の始まりとは~

家族

飾る時期

2月の節分が終わったころから節句の2~3週間前までには飾るようにしましょう。プレゼントとして贈る場合も、飾る時期に間に合うようにプレゼントするべきです。

花

雛人形の選び方

雛人形は人形の数や土台、素材、ケースの有無などによって値段が大きく異なります。立派なものを買ってあげたいと思っても、相手の家の大きさや飾る場所などを考えて選ぶようにした方がいいですね。

贈り物

ひな祭りの歴史

ひな祭りは、約千年ほど前の平安時代から歴史が始まっています。貴族の間で「ひいな遊び」という紙人形を使ったままごと遊びがされていて、無病息災のお祓いと結びつき、ひな祭りとなったと言われています。

雛人形の飾り方の違い

関西風

一般的な雛人形と違い、お内裏様は向かって右に座っています。また、顔は鼻筋が通った高貴な雰囲気で、切れ長の目が特徴的です。

関東風

向かって左にお内裏様が座っています。人形の顔は目が大きく、口元は少しほころんでいます。ふっくらとした輪郭で、かわいらしい印象があります。

初節句に雛人形を贈ろう

女の子が生まれたら、出産祝いとして雛人形を贈ってあげるのもいいでしょう。大切な孫へのプレゼントですから、喜んでもらえるものを贈りたいですね。

祖父母から孫へ贈るプレゼントの定番

フラワー

自転車

孫への贈り物の定番と言えば自転車でしょう。最近はへんしんバイクと言って、成長に合わせて形状を変えられる自転車もあります。一緒にお店に行って選ぶこともできますし、公式サイトから購入することもできます。

ランドセル

小学校の入学に合わせて購入することが多いですね。牛革や人工皮革など、素材によって触り心地も変わるので、実際に触って確かめてみるといいでしょう。

雛人形

女の子が生まれたとき、初めてのひな祭りに合わせて購入する人がほとんどでしょう。子供の幸せと健やかな成長を祈るために、しっかり準備しておきたいですね。

勉強机

ランドセルと合わせて同じ時期に購入するのが一般的です。最近は勉強机も多種多様になっているため、使う本人が気に入るものを選ぶことができます。

おもちゃ

誕生日やクリスマスに贈ることが多く、さまざまな種類があるためリクエストを受けることもあるでしょう。小さい子であれば、知育玩具で知性を育むのもおすすめです。

広告募集中